スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2

半沢の出向先、東京セントラル証券は、渡真利の言う「グループ中核」とまではいかないものの、決して斜陽の左遷先ではない。もともと国内最大手の野山證券の系列だった昭和証券が独自路線で準大手トップに成長。その後東京中央銀行のグループに入り、最近では外資系大手のセントラル証券の出資も合わせて受け順調に業界での地位を高めている企業だ。

半沢に用意されたのはその東京セントラルの本店第一企業部部長の席だった。証券会社といっても、客に株の売買をさせ、その手数料を稼いだり投資信託を売りつける営業部門ばかりではない。
企業部の仕事は、まだ市場に株式を公開していない優良企業に目をつけ、そのオーナーに株式公開へのアプローチを行う部署だ。その会社が株式公開にこぎつけた際、「主幹事」に指名されると莫大な手数料収入が手に入る。それを狙う事が最大のミッションだ。もちろん、公開企業になるには、健全な財務状況や確かな組織やコンプライアンス体制、正確なディスクローズ等求められるものも多い。そういう意味では銀行系の証券会社においてバンカーの目線というものが必要になるのはよくある話でもある。

部長といっても椅子に踏ん反り返って決裁印を勿体ぶって押す仕事はここでは少ない。東京セントラルはもともと「証券界の暴れん坊」と呼ばれるくらい営業力に定評がある会社だ。大手を出し抜いて有力大型公開の主幹事に指名される事が多かったのも部長…いや担当役員…時にはトップである社長すらがオーナーを口説きにかかるといった泥臭いスタイルが身を結んだものであった。


3 | Home | 1

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。