スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2

「みなさん、こんにちは~!AKB48です!!!」

大場美奈の声に続いてメンバーが深々と頭を下げた。
会場から声援が飛ぶ…が、先ほどまでの盛り上がりはない。座席に腰を下ろす者やトイレに走る者の姿も多くみられた。序盤からの最高潮の盛り上がりもまるで小休止…一服入れるか…かのような雰囲気だ。

「SKE48さんの全国ドームツアー、私達も一緒にステージに立たせてもらってる訳なんですけど…」
MCのマイクを握りながら島田は複雑な思いでいっぱいだった。

SKE48…「さん」…か…
いつからこうなってしまったんだっけ?

あれは国の政策だったから仕方ないんだ…
去年の事…東海地震の可能性が低下し首都直下地震の予知が科学的に立証されたって事で、国の色んな機能が東京から移される事になった。国会や皇居は名古屋に、色んな企業の本社は大阪にどんどん移っていった。まるで引き潮が引いていくみたいに。東京はあっという間にゴーストタウンになって治安が悪化。秋葉原の劇場周辺なんて犯罪が日常茶飯事でおきるようになっちゃった。今では数少ない公演日は役に立たない警察の代わりにファンで組織された自警団に守られて物々しい雰囲気でやっている。

でも…それでも公演は出来ている。人気だって落ちてると思わなかった。事実、そうなってもAKB48名義で出されたCDはミリオンセールスを続けていたし、握手会だって開催こそ関東ではなくなったものの盛況だった。

そうだ…
やっぱり、そんな事が理由じゃない。
だって、地震なんてまだおきてないし。

間違いなく、私達の運命を変えたのはあの日だ。アレが全ての始まりだったんだ。

そう、「真那の乱」。
あの日からだ。




新作について | Home | 1

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012.04.25 (Wed) | # | | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。