スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inning92.




快音を残し打球が三遊間に飛んだ。ショートの石田が逆シングルでゴロをさばく。そのまま1塁へ遠投だ。打った渡辺が1塁へ頭から突っ込む。

「アウト!」
1塁塁審の右手が上がる。

「ツーアウト!ショート石田の素晴らしいプレー。見事な守備、見事な送球。さあ、ツーアウトランナーなし。12回の裏、秋葉学院、ついに・・・ついに追い込まれました。」

「まだだよ!まだ終わってないよ!らぶたん!」
「最後まで諦めないよ!積極的に打ってって!」
秋葉ベンチから絶叫が響く。2番の多田が打席に立った。

あと一人だ…あと一人で終わる。宮崎は気力を振り絞って多田への初球を投じた。インコースギリギリ。まだストレートには威力があった。多田がバットを出す。わっと歓声がおきた。多田の詰まった当りがセンター前に落ちる。1塁ベースを回ったところで多田が絞りだすようなガッツポーズを見せる。声にならない叫び声があがった。

3番の指原がバッターボックスに立つ。不安そうな視線だが油断は出来ない。何といっても強打・秋葉学院の3番バッターだ。いつもおどおどした表情で打席に立つが、ここ一番では必ず結果を出す…それが指原というバッターだ。
1-2と追い込んだ宮崎がウイニングショットに選んだ外へのスライダーを指原は綺麗に弾き返した。早い球足で打球が1・2塁間を抜けていく。1塁ランナーの多田が3塁へ向かった。
ライトの仲俣が3塁へ好返球を送るが多田は脚から滑り込み3塁を陥れた。送球の間に指原は2塁へ進む。


「さすがは秋葉学院だ。簡単には勝たせてくれないね…」
「でも…これでなくっちゃ。あっさり終わっても面白くないしね。」
仁藤がマウンドで宮崎と向き合った。
「さて…一番大変な場面で一番大変なヒトだよ。」
仁藤がホームプレートの方を見て言った。次の打者は4番・柏木。今の高校生で多分一番の強打者だ。この場面で誰もが迎えたくないバッターである事は間違いない。

「一塁は空いてるよ。ここは誰がどう考えても敬遠でしょ?」
「そうね。次の島田は今日全然当ってないし。」
ファーストの鈴木とショートの石田がそう言いながらマウンドに上がってきた。セカンドの小森も、サードの仲川も駆け寄ってくる。
「作戦としては…多分、それが正しいんだよね。」
仁藤も腰に手を当てて言う。
「作戦としては…ね。でも…それってワタシ達らしくないよね?」
宮崎が仁藤の肩に手を当てて笑う。
マウンドの全員がベンチを見た。井上がそれに笑顔で応える。
「ほらね、先生もそう思ってるみたいだし。」
「ねえねえ。伝令出さないのかなぁ?確認しないとマズくない?ダメだよ、確実に意思統一しなくちゃ。」
「小森、アンタが言っても説得力ない。」
石田がそう言って笑った。仁藤も宮崎も…全員が笑っていた。


「外野!前に来て!間にフライが上がったら突っ込む事!後ろにやっても構わないから。エラーしたっていい。でも…中途半端なプレーだけはしない事!」
仁藤が外野に向かって声をかけた。
「おー!」
レフトの内田が手を上げる。センターの野中もライトの仲俣も大きな声で返事を返した。
「さ、みゃお…いこうか。」
仁藤がマスクを被った。それぞれ内野もポジションに戻る。

宮崎が大きく深呼吸してスタンドの方を見た。
あやりん…きっとハラハラして見てるよね?自分が投げてた方が全然リラックスできるって思ってるかもね。でも、ここからは…いや、今までもそうだったけど、力を貸して?ワタシ、実は結構ばててるんだ。立ってるのもしんどいくらい。最後…このゆきりんだけでいい。最高の場面で最高のバッター。ワタシじゃ敵わないかもしれないけど…あやりんの力があれば投げ勝てるかもしれない。だから…


「勝負してくれるんだ?」
「うん。これ以上ドラマチックなシーンってないでしょ?多分、タッチやドカベンでも無かったくらい。」
「ちょっと…古くない?せめてMajorとかダイヤのAとかさ…」
「あはは、確かにそうだね。」
「後悔すると思うな。悪いけど打つよ…」
「どうかな?さ…みゃお…いこっか。」
仁藤が出したサインに宮崎が大きく頷いた。軽くミットを叩き腰を据えて構えを定めた。

inning93. | Home | inning91.

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。