スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inning89.




「ホームラン…か。でも、どうやって打てばいいんだろ?」
打席に小森が入った。アウトになった宮崎がベンチに戻り、すぐにグラブをつけてキャッチボールの準備に出て行くのが見える。

まだ投げるつもりだ…みゃおは頑固だもんなぁ。
でも…きっともう限界…ホントにホームランでも打たないと…
まっすぐと思っても曲がったり揺れたり落ちたり…そうだ、じゃあ自分が揺れてみたらどうかなぁ?こんな風に…

「お~い小森、真面目にやれ~」
ネクストバッターサークルにいた内田が声をかける。突然、身体をゆらゆらと揺らしながら小森は構えていた。

真面目だよ~。これでもワタシなりに頭使って・・・・
あ、ダメだ。やっぱこりゃダメ。マトモにボールが見えないじゃん。え?あれ?そっか、もうツーストライクだよね?やば、これ手を出さなきゃ…でも、ストライク?いや…外れてる?あれ…とにかくカット…ダメだ~バット止まんないよ~

中途半端に出したバットの先っぽに当った打球がふらふらっと1塁線に上がった。
「オーライ!」
「私が行く!」
ファーストの柏木とライトの高城が共に打球を追いかけた。

落ちろ落ちろ落ちろ落ちろ落ちろ落ちろ落ちろ~っ!

心の中で叫びながら走る小森の真正面で打球が落ちた。ファイルラインを描いた白線の粉が上がる。打球はそのまま方向を球に変え、ファウルグラウンドへ転々とした。バットの先っぽに当ったせいで不規則な回転がかかっていたのだ。

やったやったやったやった!

小森勢いよく1塁を蹴る、2塁ベースの手前でサードコーチを見る。光宗がぐるぐる右手を回している。2塁ベースも蹴った。ようやく打球に追いついた柏木が3塁へ矢のような送球を送る。元キャッチャー、鉄砲肩だ。

3塁へ頭から突っ込んだ小森が土煙を上げる。3塁塁審の手がさっと横に広げられた。

「っしゃー!よくやった小森!」
「ナイスラン!」
千城のベンチから歓声が上がる。3塁打の小森を称える声だ。

inning90. | Home | inning88.

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。