スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inning81.




「ったく…こんな球が見切れなかったなんて…」
2ストライクから2球続いた外へのスライダーを見逃して、仲川は大きくため息をついた。キャッチャーの山本がマスク越しにじっと顔を見ている。仲川はそれに気付くと、わざと笑顔を作ってみせた。

もう落ち着いちゃったんかいな。案外早かったなぁ。まあ、それでも遅いと思うけどな。3点リードもろうたし。ウチのみるきーは釣り球だけが持ち味ちゃうで。こないな球もあるんや。さ、みるきー、出し惜しみはナシや。コレいこか?

山本のサインに渡辺が頷いた。

お…これまでとなんか回転が違うボール…でも…どっかで見た事があるな、この回転。そうだ、あやりんのフォークボールだ。あの球筋と…いや、全然違う。あやりんの球の方が威力が・・・全然ケタが違うよ。

仲川がやや体制を崩しながらバットを出す。快音とともの鋭い打球が三遊間を破っていった。スタンドから大歓声が沸き起こる。ようやく出た千城高校の初ヒットだ。

うまく打ちよったな…でも、まあ偶然やろ?みるきーのフォークを初見で合わせるっちゅうのはそう簡単に出来る芸当やないはずや…ウチらだってマトモには打てへんのやから…

次の打者にもやはり2ストライクから難波桐蔭バッテリーはフォークボールを決め球に選んだ。今度は仁藤がそれを捕える。体制をしっかり残し完璧なタイミングだ。打球はあっという間にセンターの頭を越した。1塁から仲川が一気にホームに返ってくる。3塁に達した仁藤はベンチに向かって軽く右手の拳を握ってみせた。

後はつるべ打ちだった。どうやら、本物らしい…ホントに強い…そう山本が気付いた時には遅かった。予選では通用した渡辺の相手をはぐらかすようなピッチングも、この大舞台では通用しなかった。去年もそうだった…本当の力を持った相手に対するには、小細工ではなく真の力を持つ必要がある。

ようやく地に脚がついた千城高校は守っても打っても難波桐蔭を圧倒した。
終わってみれば9-3。見事な逆転勝利で甲子園の初陣を飾ったのだ。

inning82. | Home | inning80.

Comment

甲子園の魔物との初対面

 身も心も飲みこんでしまう何者かが甲子園には住んでいる、そんな魔物との邂逅でしたね。千城の初勝利先ずは御目出とう御座います、でも二回戦はぱるるの魔球との対決ですね。どんな展開になるのかハラハラドキドキです、打てそうも無いと思っていたのですがもしや攻略の糸口は大リーグボール三号を打つ秘策にありかなどと思っています。

2012.03.21 (Wed) | HARUKA #- | URL | Edit

>>HARUKAさん

大リーグボール3号・・
そこまでスゴイ球…書いてる私もどうやって打てばいいか分からなくて困ってます。実は(笑)

2012.03.22 (Thu) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。