スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inning72.



「なんか…すっきりした?」
石田が宮崎に聞く。
「う~ん…まあ、もう辞めた時の事なんて忘れちゃったしね。」
「そうだね。もう秋葉を見返そうとか、秋元先生にぎゃふんと言わせたいとか…そんな事思ってた事もどうでもいいって感じ。」
仁藤もアンダーシャツを着替えながら言った。
ロッカールームには試合前とは思えない穏やかな空気が流れていた。緩んでる訳ではない、程良い緊張感とどこか何かに満たされた…そんな空気だ。

「さて・・と。そろそろグラウンドに出る時間だが…その前にちょっといいか?」
監督の井上が声をかける。ベンチに入る校長の後藤も穏やかな笑顔でその横に立った。
「知っての通り、今日の相手は上野丘だ。まあ、学校もここから近いし、OBやオールドファンなんかも多い。恐らく球場中上野丘の応援だろう。」
「先生、私達がそんな事で委縮するとか思ってます?」
仲川がグラブを叩きながら笑う。うずうずして早くグラウンドに飛び出したいとでも言いたそうな顔だ。
「いや、そうじゃないよ。お前らにアウェイで戦う事の楽しさを教えとこうと思ってな。俺はカープでライトのレギュラーを取った年があってな。甲子園に行くとな、そりゃすげーのよ。ライトスタンドから飛んでくる罵声ちゅうのがな。」
「だよね~六甲おろしとかスゴそう。」
「でもな、ホームランとか打って次の回守備につくと、そのヤジがまたすげーんだわ。おい、ワレ生きて広島帰れると思うなよ…とかな。まあ、それが楽しくてな。ワルモノがハマったんだろうな。打てなくなったりすると、途端に相手にされなくなると…今度は寂しかったりしてな。」

「千城さん、そろそろお願いします!」
ドアを開けて大会スタッフが声をかけてきた。

「まあ、要は敵の声援も楽しむくらいでいいって事だ。そういう事。」
「ありがと、先生。言いたい事は伝わりました。先生…私達、ホント先生には感謝してるんですよ。でも…お礼は試合終わってからにしますね。」
仁藤がそう言って笑った。
「みなさん…でも、今日は井上先生が言ってるような環境にはならないと思いますよ。」
後藤がロッカーを出て行く選手たちの背中に声をかける。仁藤が首を軽く捻りながら笑顔を返した。


ベンチの中から見えた光景は圧巻だった。1塁側のベンチから見渡す3塁側のスタンドには溢れんばかりの観衆がいた。満員どころの騒ぎではない。普段は開放されていない外野の芝生席まで立錐の余地がないほどだ。

「すげーな…」
鈴木が仲俣と顔を見合わせる。さすがにこれは圧倒される。これがアウェイって事か…

「さ、軽くアップしようか。」
仁藤が声をかけ、選手たちがグラウンドに足を踏み入れた。
その瞬間だった。地響きのような大歓声が響き渡った。相手の上野丘スタンドからではない。1塁側からだ。選手たちは驚いて後ろを振り返った。

見上げたスタンドからまるで押し寄せるかのような歓声が降ってきた。そして、隙間なくびっしりと上から下まで埋まったスタンド。所々には色んなユニフォーム姿の生徒が鉢巻をして立っている。サッカー部、バスケ部、陸上部…袴をはいているのは弓道部か。なんだ、みんなそうか・・応援団のつもりか。ブラスバンドもいる。小野や奥の顔もはっきりと見える。そして、菊地の姿も。

あやりん…ありがとね。この大観衆は…私たちの為じゃない。みんな、あやりんを称えてくれてる…きっとそうだね。あやりんがいたから、私達はここまで来れた。でも、今日で終わりじゃないよ。もっともっと大きなスタンドでやるんだ。そん時は…そうだな。応援団位はお揃いのTシャツくらい作ってもらおうよ。ね?

仁藤がスタンドに手を振った。一段と大きな歓声が飛ぶ。
「おっと…みんな、アップの前に整列だ。応援よろしくって挨拶しなきゃ。」

inning73. | Home | inning71.

Comment

いつも楽しく読ませてもらっています。
早速話の内容に移らしてもらいますが、やすすカッコいい。なんかAKBにも同じ事がいえますね。AKBグループの中にも女優が目標の子やモデルが目標の子、それにバラエティに沢山出るのが目標の子、今の研究生ぐらいの子はAKBに入ってAKBで頑張って活躍するのが目標の子でも良いじゃないか。AKBブームは去るかもう去り始めてるかもしれないが、AKBでやったことはダンスや歌がうまくなることではなく一生懸命に頑張った事が良いことだと思う。こんな奴に言われたくないと思うかもしれないけど。話に戻って、決勝戦だからスタンドもいっぱいになったんだ。えれぴょんやまぁちゃんらのおかげかもしれないが、部員のみんなの頑張りが通じたのかもしれないですね。楽しみにしています。

2012.03.13 (Tue) | なたや #LkZag.iM | URL | Edit

>>なたやさん

まったく同感です。
何かに一生懸命打ちこんだ事はこれから先の人生できっと役に立つと信じてます。
少なくとも、彼女たち自身はなんら恥じるような事もしてませんしね。

2012.03.14 (Wed) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。