スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inning68.




高城は真ん中に向かってストレートを3つ投げ込んだ。力みがあったのは、リードした乃木坂の4番・白石の方だった。3球目の甘いコースに入ったボールを打ちあげた。

しまった…打ち損じだ。
完全にホームランボールじゃないか…

白石はライトに上がったボールを見上げた。
確かに打ち損じではあったが、犠牲フライには十分の深さに見えた。ライトに入った島田が一歩…二歩と下がる。

3塁ランナーの星野がタッチアップのスタートを切った。
「うぉおぉおおおぉおおらぁああぁ~!!!!」
ボールを掴んだ島田が雄たけびを上げてバックホームする。矢のような返球がダイレクトで柏木のミットに突き刺さった。タイミングはアウトだ。俊足の星野だったが目の前でストライクの返球が返ってきたのを見てスライディングするのをやめた。そのままの勢いで柏木に体当たりする。

ガツン…

鈍い衝突音とともに柏木がもんどりうって倒れ込んだ。後ろ向きに1回転する。

「アウト!!!」
柏木が高々とミットに収まったままのボールを主審に向かって差し上げた。

甘いよ…そんな体当たりで私を吹っ飛ばせるとでも思った?こっちは死ぬ気でやってるんだ。私をふっ飛ばしたかったなら大砲でも持ってこないと。柏木は立ち上がって尻もちをついている星野を見下ろした。

「サード!!!」
横山から大きな声がかかる。セカンドランナーがタッチアップで3塁に達した後、大きく離塁し本塁を伺っていた。柏木が素早く反応して、3塁へボールを送る。一瞬1年前の事が頭をよぎった。あの大暴投…あれで、私の野球人生は大きく変わった。でも…あれがなかったら今みたいにファーストでバッティングに専念出来なかったかもしれない…

「注意せんといかんで~」
柏木からストライクの返球を受け取った横山が笑ってランナーにタッチした。
一瞬でスリーアウト。1点は取られたものの、秋葉学院は大きなピンチを凌ぎ切った。

「ナイスバックホーム。でも、やっぱアンタうるさいわ。」
柏木がライトのポジションから全力疾走で戻ってくる島田をハイタッチで迎えた。

inning69. | Home | inning67.

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。