スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inning46.




塁上に控える選手達。守備につくのは控え部員たちだ。ノックバットを構えたコーチの牧野が大きな声を上げる。
「よし、次は…9回表。2点ビハインド。ワンナウト1・3塁。」
「はい!!」
3塁ベースに松井玲奈、1塁ベースの上に高柳明音が立つ。それぞれリードを取ってマウンド上に立つ小林亜実の姿を凝視する。小林がシャドーピッチングをすると牧野が三遊間に強いライナーを飛ばした。3塁ランナーの玲奈が一瞬飛び出す。ライナーを押さえたショートの上のがそのままボールを3塁へ送球する。
「こら!!玲奈!!場面考えろ。2点負けてるんだ。3塁ランナーはこの場合どうするんだ?ゴロが転がっても無理して突っ込む場面じゃねーだろ?釣られて飛び出すなんて素人みたいな真似してんのか?」
「すみません!!」
「ダッシュ10本行って来い!!!」
「はい!!」


「相変わらず厳しいですね。」
ネット裏で監督の湯浅が数人の新聞記者に囲まれている。秋の神宮で準優勝に終わったとはいえ、栄京への注目は依然として高かった。どんな風に冬の練習に取り込んでいるのかを取材しようとする者は少なくない。
「しかも徹底して走塁練習だ。一球一球色んな場面を想定して選手に考えさせて走らせる。ミスしたら即ダッシュ。こりゃ、選手も気が抜けないですな。」
「考えてちゃダメんだんですよ。場面に応じた判断が瞬時に…そう考えるんじゃなく、感覚で判断できるようにならなくちゃ。その為には身体に叩きこむしかないんです。ウチは冬の間、殆どこの練習ですよ。」

冬の間、各校はそれぞれ志向を凝らしたトレーニングを積む。名門校でも冬の間はボールを握らないという学校もある。ただ一つ言えるのは、この冬をどう充実したものにするかで、来年の夏がどうなるかに大きな影響があるという事だ。事実、栄京でも多くの部員がこの冬場の厳しい練習に耐えかね退部していく。

「厳しいっていっても、どこもこれくらいの事はやってるでしょ。逆に、皆さんに他校がどんな事をやってるかを逆取材させてほしいくらいですね。」
湯浅が笑って言う。半分は本心だ。指導者としはまだ若い湯浅だが、その貪欲な姿勢が栄京をここまでの強豪に育て上げたと言ってもいいだろう。

「ちょっとさあ。みんな集まって!!」
突然松井珠理奈の怒号のような声がグラウンドに響き渡った。その声が作りだした緊張感がネット裏にも響いてくる。顔を見合わせる記者達をよそに湯浅は笑顔で腕組みをしたまま動かない。
「だから何回言ったらわかるの?1年生。試合と同じくらい…いや、試合以上に集中してやらないと意味ないって何回も言ってるじゃない。また秋葉にやられてもいいの?」
集まった選手達の中心で珠理奈が声を荒らげる。高柳からも厳しい声が飛び出す。
「守備もそうだよ。そんなおざなりで守ってちゃ、練習なんかにならない。それじゃいつまでたっても控えのまんまだよ?こういう時にちゃんとアピールしなくちゃ!!!」
「はい!!」
「よし、全員でダッシュ20本行くよ!!しっかりしなくっちゃ。」

選手全員が外野に走っていきダッシュを始めた。

「監督、確かキャプテンは…」
「ええ、ウチのキャプテンは平田ですよ。控え組のほうにいますけどね。」
「でもああやって、珠理奈や高柳が引っ張ってるんですよね。」
「いや、あの二人だけじゃないですよ。気がついた者が注意してますね。その辺りは私も彼女たちに任せてますけど。まあ、一番声が大きいのはやっぱあの二人ですけどね。」

栄京ではレギュラーメンバーの入れ替えが熾烈を極める事で有名だ。成長した者はどんどん抜擢されるし、結果が出ない者は容赦なく外される。それが、いい意味での競争心理をあおり強固なチームワークを生んでいた。

「まあ、これがウチのスタイルって事です。」
湯浅が立ち上がってゆっくりとグラウンドの方へと歩き出した。

inning47. | Home | inning45.

Comment

ムービングボールよりスゴい球でしたか 球速が落ちないナックル それは初見では打てないですね

2012.02.27 (Mon) | レン #- | URL | Edit

いつも楽しく読ませてもらっています。何もなくて遊びやトレーニングなら大丈夫ですよ。四谷さんのブログなんで更新したいときに結構ですよ。だけど、毎日更新されていたので更新がなかったから心配になっただけです。
話の内容に移らしてもらいますが、ぱるるの魔球はナックルだったとは。ナックルは、キャッチャーだってどう曲がるか分からないですからね。はるぅとぱるるのコンビネーションが良いとは。どうなっていくかまだ気になりますね。楽しみにしていますね。

2012.02.27 (Mon) | なたや #LkZag.iM | URL | Edit

更新ありがとうございます。
島崎さんはマシン等で対策しようがない武器を持ってるのが、他校にとっては脅威ですね~。要所を押さえつつスピーディーな展開もメリハリがついて好ましいです。
冬場の鍛練と散りばめられた伏線も楽しみですね。

それと前の話題ですが、福岡の優勝経験校は小倉2回、三池工と西短各1回ずつなので福岡市内からは福岡第一の準優勝が最高ですね。後の準優勝校も久留米商、九国大付なので。勿論どこが勝っても嬉しいですが、個人的願望として福岡都市圏勢の躍進は期待したいですね~。小説とは関係無い話題ですみません

2012.02.28 (Tue) | もっちぃ推し #- | URL | Edit

>>レンさん

実際にこんなボールを投げれるピッチャーがいるかどうかは定かではありませんが…
知らないウチに投げてたって設定がぱるるに合うかな…って思いまして。


>>なたやさん

誰も捕れないボールをはるぅだけが捕れる…って事で二人は実は仲がいい…
って事を書きたかったんですww


>>もっちぃ推しさん

多分130キロのナックルを投げるピッチャーがいたらメジャーでも十分通用するでしょうねww

そうですね…福岡市近郊では一時東福岡高が強かったような…
小倉は古豪で今はなかなか上位にも行けないみたいですしね。

一時小倉東高の近くに住んでました。公立ですがなかなか力の入った練習をしてましたね。

高校野球ネタのコメント大歓迎ですよ。
私も大好きですから。

2012.02.28 (Tue) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。