スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inning36.



マウンド上の渡辺美優紀が何度も何度もプレートを外し一塁ランナーに視線を送る。大きなリードを取った松井珠理奈は慌てる素振りも見せない。軽く笑みさえ浮かべている。

「すんまへん。タイムお願いしますわ。」
キャッチャーの山本彩がマスクを外し、マウンドへ駆け寄った。
「みるきー、もうこうなったらランナー気にしてもしゃーないで?塁出してもうたんや、最初からスリーベース打たれてもうた位に思うとかへんと、いつまでたっても振り回されてばっかや。」
「そらそうやけど…一回くらいばつんとイワしとかんと収まりつかへんやんか。」
「それもそうやな…よっしゃ。ここもどうせ走ってくんのやろ。セット入ったらすぐボール放りや。もちろんウエストや。今度こそは刺した るわ。」
山本がポジションに戻り腰を下ろす。渡辺はセットポジションに入るとすぐクイックモーションで投球フォームに入った。山本が立ち上がる。ウエストボールだ。一瞬スタートが遅れた珠理奈だったが構わず二塁ベースに向かって走り出した。
「よっしゃ。もうろうたで!!!」
ショートの城がベースカバーに入る。山本からの送球は完璧だった。思わず大きな声をあげる。
「セーーーフ!!!」
城がタッチをする間もなく、滑り込んだ珠理奈が涼しい顔で立ち上がった。軽くユニフォームについた土を払う。
「またかいな…ホンマどいつもこいつもシャカシャカ走りよって…」
「アンタ、口悪いねぇ。そんな風に言うなら3塁も貰っちゃおうかな?」
珠理奈の言葉に城は首を横に振って渡辺にボールを返した。

夏の甲子園もベスト4に入り、深紅の大優勝旗をかけた戦いも佳境になっていた。第2試合の愛知県代表の栄京大栄京高校と大阪府代表の難波桐蔭の対戦も終盤…7回だ。
スコアボードに表示されたH…ヒットの数字は桐蔭9に対し栄京は5。しかし、得点は8-2と栄京が大きくリードしていた。
今年の栄京はとにかく「走る」これに尽きた。ヒットはもちろん四球・エラー…どんな形でも塁に出た選手がとにかく走りまくる。盗塁だけでなく、守備の僅かの隙をついては、次の塁を積極果敢についていく。1番・松井珠理奈、2番・矢神久美、3番・高柳明音の3人はアベレージこそ低いものの塁に出るとその抜群の機動力で相手を撹乱し、リズムを乱した相手投手が甘くなったところをホームランバッターの4番・桑原、そして唯一の4割打者松井玲奈が塁上のランナーを掃除していく。

このイニングも先頭の珠理奈の動きが難波桐蔭バッテリーの乱れを呼びこんだ。1死満塁のチャンスで松井玲奈が左バッターボックスに入る。すらりとした長身、細身の体はとても野球選手とは思えない。
「またコイツに回ってくるんかいな…」
山本がマスク越しに玲奈の澄ました表情を覗き見た。この試合、ことごとくこの子にやられてるんだ…しかし、試合も終盤。これ以上の点差はつけさせたくない。
山本のサインに頷いて渡辺が初球を投じた。左バッターのアウトコースから外にスライドしていくシュート。「釣り球」だ。相手の打ち気を上手く誘ってボール球に手を出させる。渡辺美優紀の真骨頂とも言える配球だった。

キィイイィイーーーン!!!!!
軽く…柔らかくスイングされた玲奈のバットから快音が響いた。まるで口笛でも吹きそうな表情で玲奈が打球の方向を見る。左中間の一番深い所で玲奈の打球はフェンスをダイレクトで直撃した。
塁上の3人のランナーが次々にホームへと帰ってくる。

inning37. | Home | inning35.

Comment

おっついにSKE、NMB登場ですね。しかも強豪校から持ってきましたね。珠理奈とジョーちゃんとの組み合わせはいいですね。栄と難波の若きエースですから。

「釣り球」と言えばみるきーの他にだーすーに鈴蘭も得意球ではないですかね?

栄の頑張りは今後も期待していいですかね?

2012.02.23 (Thu) | 杉上左京 #- | URL | Edit

>>杉上さん

確かにw
東西の釣り師ですもんね。

栄は何と言ってもチャンピオンチームですので。
この先も登場しますよ~

2012.02.24 (Fri) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。