スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inning34.



2番の多田も3番の指原も詰まった当たりゴロを内野に飛ばしただけだった。
「おいおい、お前ら何力んでんだ?」
戸賀崎がベンチで腰を下ろしたままレギュラー組みに声をかける。顔には笑顔が浮かんでいる。不甲斐ない上位打線に渇を入れるようなそぶりはまだない。

「なんか、気持ち悪くない?監督。」
指原が守備につきながら渡辺に耳打ちする。
「ね…いつもならカミナリ落としててもいいと思うんだけどね。でも、次も同じ事やってたら今度はどーんって来ると思うけどな。」
「そうだね。でも…次は間違いなく打てるでしょ?頼むよ、新切り込み隊長。」
「さっしーこそ、クリーンアップなんだから、自覚してよね。」

二人は守備につきながらどこか消化不良のような感覚を覚えていた。


回を追うごとにその消化不良のような感覚は、じわじわとレギュラーチームの中に広がっていった。打順が一回りしてもヒットを打った者は誰もいなかったし、二周り目に入っても島崎の球に快音を響かせた打者はいなかった。4番の柏木が体制を崩しながら内野と外野の間に落ちるヒットを打ったものの、その後も島崎は内野ゴロの山を築き続けた。

「変化してる?」
「いや…あのゆったりした…っていうか力の抜けたフォームに惑わされてるのかなぁ?」
「なんか、タイミングが合わないんだよね…」
毎回実りのない攻撃を終え、守備につくレギュラーチームに焦りの色が見え始めた。

「よっしゃー、ぱるるがせっかくいいピッチングしてんだ。打つ方でもアピールしようぜ!!!」
円陣の中心で島田が大きな声を出す。
「アピールはいいけどさ…威勢だけじゃ打てないよ…あきちゃさんの球…マジで速いもん。」
「おい、大場ぁ。4番がそんな弱音はいてちゃダメじゃんか。」
「そうだけど…」

キィン!!!

鋭い金属音に円陣を組んでいたメンバーが一斉に振り向いた。トップバッターの山内が鋭い打球を左中間に飛ばした。ど真ん中を破った打球はそのままフェンスまで達した。7回にして飛び出した初めてのヒットが長打…2塁打になった。
「ナイスぅ。さすがらんらん、センスあるなぁ。あれだけのヒントでちゃんとバット振り切っちゃってる。」
島崎がタオルで汗を拭って手を叩いた。
「ヒント?ぱるる、なんだって?」
島田と大場が驚いて島崎の方を見る。
「ああ、あのね。あきちゃさん、調子がいい時はどんどんストレートでストライク取ってくるんだよね。自分の一番自信のある球なんだろうけど。相手が格下だと見ると、追い込むまでのストライクの9割以上は真っ直ぐだと思うよ。みんな、追い込まれてからスライダーとかチェンジアップで打ちとられてない?」
「…そういや、そうかも…」
「だから、早めに手を出していったほうが思い切り自分のスイング出来るんじゃない?って思ったんだけど…違うかなぁ?」
「ぱるる…ひょっとして、アンタ天才?」
島田が島崎の背中を軽く叩いた。島崎の浮かべた笑顔は相変わらずのんきなものだった。

inning35. | Home | inning33.

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。