スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inning27.



柏木が茫然と打者走者の久住がホームインしてくるのを見ていた。レフトの板野がようやく外野に転がったボールに追いついたところだ。

「同点!!!ここまで一人のランナーも出す事のなかった秋葉学院にまさかの守備の乱れ。朝夢高校が一気に同点に追い付きました!!鉄壁を誇った二遊間にエラー。そして、まさかまさか、守備の要、柏木の3塁への大暴投。カバーに入っていたレフト板野の遥か頭上まで越えてしまう送球をしてしまいました!!!」

場内は騒然としていた。秋葉学院鉄壁の守備の破たん。それを呼び起こさせた朝夢高の果敢な走塁。ベンチのムードも一変していた。

お祭り騒ぎの中、次の打者・9番高橋愛が初球をセンター前へ運ぶ。秋葉ベンチは堪らず投手を2人目・倉持にスイッチした。

「すいません…私が…」
うなだれる柏木の背中を秋元が強く叩く。
「まだ同点だ。すまないのは私だ。ここで勢いを絶てないで何がエースだ…」
「大丈夫。後は私が…」
倉持が秋元からボールを受け取る。

表情が固い。球もちょっと上ずっている気がした。
場内の異様な空気が倉持の緊張を増長させていた。

波乱がおきるかもしれない。いつだって観客は筋書きのないドラマを求めている…
そして、時としてそれが実際に起きるのが高校野球だ。


トップバッターの石川が倉持の変わりっぱなの初球をフルスイングした。
高く弧を描いたその打球は、長い滞空時間の末、レフトスタンド最前列に飛び込んだ。




変わった倉持も、更にその後を引き継いだ高城も、朝夢の勢いを止める事は出来なかった。8回裏のスコアボードには8の数字が記された。




力なく内野へフライが打ちあがる。セカンドランナーの高橋がそれでも3塁に向かってダッシュする。両手を大きく広げたショートの石川の元へボールが落ちてくる。
歓喜の輪がマウンド付近に出来あがった。中心で高々と拳を突き上げる道重に吉澤が飛び付く。中澤も石川も保田も…朝夢高校の選手が弾けるような笑顔で身体をぶつけあった。

最後の打者になった柏木は1塁ベースの手前でうずくまって顔を両手で覆い泣きくすれた。高橋は3塁ベースを回ったところで腰に手をあて空を見上げた。ベンチでは、まだ目の前の光景を受け入れる事が出来ず立ち上がれない選手が殆どだ。
スタンドも静まり返っていた。選手と同じユニフォームに襷かけ、鉢巻姿の片山もそっと目を閉じた。暫くして、交錯する色んな思いを断ち切るかのように涙で潤んだ目を開いた。

まだ終わっていない。試合に負けても、私たちは誇りある秋葉学院の一員だ。堂々と胸を張って勝者を称えなくては。泣くのはそれが終わってからだ。

「みんな…立って。立つんだよ!!1年も、いつまでもびーびー泣いてないの!」

inning28. | Home | inning26.

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。