スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

inning2.



「痛っぇ…」
「こら、はるぅ。何度言ったらわかるんだ。ちゃんとミットの真ん中で捕るんだよ。横着して網の部分で捕ったりしてるから反動でミットが揺れる。だから手首痛めるんだよ。」
「は…はい。でも…宮崎さんの球…重いんすよ。回転が少なくてズトーンとくるから手のひらが痛くて…」
「それに、網で捕ると音だって良くない…ピッチャーってのは、ミットから響く音がいいと気持ちよく投げれるもんなんだよ。」
「すいません。もういっちょお願いします!」
島田晴香が宮崎美穂にボールを投げ返した。ミットを二つ手で叩いて構えに入る。
「よっしゃ。ラストな。」

小さなテイクバックから腕が振られる。アウトローに構えた島田のミットは少しも動く事なく宮崎の放ったボールを受け止めた。バシンと乾いた音がブルペンに響き渡った。

「お、最後にイイ球がいったな。」
宮崎がそう言って笑った。
「あの…宮崎さん…考えなおしたりは…?」
「あ?ああ、無いよ。もう決めたんだ。」
「もったいないっすよ。こんなイイ球持ってるのに…ウチのピッチャー陣の中でも、宮崎さんの球質は絶対ピカイチなのに…」
軽くキャッチボールを繰り返しながら島田が悔しそうに言う。宮崎は何かを悟ってしまったかのような笑顔を見せながらそのボールを受け取っては投げ返していた。
「お前はもっと欲を出さなきゃダメだよ。幾ら1年生だからっていつまでもブルペンキャッチャーやってるタマじゃないだろ、はるぅ。」

2年生の宮崎は入学早々からその素質を見出され、1年生の夏からベンチ入りを果たす程の逸材だった。上背はないものの恵まれた身体から繰り出される重い速球には定評があり、夏の予選では早くも当番機会を与えられた。甲子園ではベンチに入れなかったものの、秋の新チーム結成時には2番手の投手として11番の背番号を与えられてベンチに入った。誰もが次のエースは宮崎だ…そう思っていた。
しかし、1回戦、2回戦と格下の相手との試合で先発した宮崎は打ち込まれた。幸い試合には味方の大量点の援護で勝ちはしたものの、それを機にベンチの宮崎への信頼感は著しく低下した。中学から順風満帆なエリートとして野球生活を送っていた宮崎の挫折感は大きく、その後体調を崩した事もあり、地区代表として臨んだ秋の明治神宮大会ではベンチから外されてしまった。冬場の必死のトレーニングと肉体改造で春先には元通りの力を取り戻していたが、宮崎の名前は、春の大会でもそのごの練習試合でも、そして直後に控えた夏の大会のベンチ候補40名の中にも呼ばれる事は無かった。

「はるぅ…ウチみたいな大所帯の野球部ではな…」
「はい。」
キャッチボールを続ける二人の距離が徐々に縮まり、最後は宮崎が島田にボールを手渡す距離まで近づいた。
「何か一つでいい、アピールできるトコを見つける事だな。プレーだけじゃない。お前の場合はそのクソ大きな声と馬鹿みたいな元気…かな。」
「はい。」
島田は宮崎の前で気をつけの姿勢になった。名門校としては比較的上下関係がフランクな秋葉学院であったが、やはり先輩の前で緊張は崩せない。
「こんな部員が200人近くいる部でも、一度は絶対チャンスが来る。肝心なのは…わかるよな?」
宮崎が島田の背中を強く叩いた。

「先輩…野球は続けますよね?」
「そうだなぁ…まあ、あんなクソ暑い中ではもうやりたくないけどね。」

宮崎が背中を向け、右手を軽く振った。
バイバイ…軽くそう言うように。



inning3. | Home | inning1.

Comment

夢を死なせるわけにはいかない・・・
いいですねえ(^^)タンポポの決心の時もそうですが、四谷さんの曲名(小説名?)を選ぶセンス素晴らしいです!
四谷さんの小説は現実の出来事にリンクしているので、読んでいてニヤニヤしちゃいますw
しかも、そのかぶせ方が上手すぎて、ホントに尊敬しちゃいます(*^^)v
それにしても、はるきゃん相変わらずロックですね~、イケメンです(笑)

2012.02.15 (Wed) | rina #- | URL | Edit

新作始まりましたね!
いや~野球好きなので嬉しいです^^*
はるぅ=キャッチャーのイメージぴったり過ぎますww

2012.02.15 (Wed) | ぱーぷる #- | URL | Edit

>>rinaさん


タイトルは安易につけちゃうときと、ストーリー展開を考えて付ける時とがあります。
今回は…結構探しましたね。何か曲名からつけようかな…って思っていたので。

キャラ付けがまだまだ弱いので、実際の出来事をリンクさせて何とかイメージしてもらえるように工夫したりしています。はるきゃんは…今回男前キャラです(笑)




>>ぱーぷるさん


はるぅ=キャッチャー
ちょっとベタ過ぎですけどね。ちょっと私の高校時代に似てるかもしれません。
キャッチャーでしたし、うるさかったですし(笑)I

2012.02.15 (Wed) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。