スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

68.

プロトンを一段と大勢の観衆が取り囲むようになってきた。サンバレーから丸池…志賀高原スキー場のホテルが立ち並ぶ一大リゾートエリアに入ってきたのだ。傾斜はどんどん強くなっていく。各チームが警戒し合う中、観客は先頭にたった島田を熱狂的な島田コールで迎える。

「随分と人気モノになったもんだね。」
島田の横に並んだのは栄中日の高柳明音だった。どちらかと言うとスプリンタータイプだが決して山も弱くない。島田と同じようなタイプと言ってもいいだろう。今回は影をひそめていたがその力は須田以上だという評判が高い選手だ。島田と同じく闘志を前面に出して走るタイプの選手だ。だからこそ、彗星のように現れた島田に強烈なライバル心を抱いていた。

「ここは行かせないよ。狙いはわかってるんだ。」
高柳はそう言って島田の前に出た。須田と渡辺の差は1分半。僅かの差のようだが、集団でのコントロールが機能してるうちは簡単には縮められない差だ。島田は渡辺を牽きつつ、栄のトレーンをを分断しそのコントロール機能まで奪ってしまおうと考えていた。
「うわー、それやっちゃいます?強いなぁ…」
高柳は島田の前で何とか島田のペースを押さえようとする。島田がアタックをかけようとするとすかさず反応し前を塞ぎ、緩めると自ら前に出て差をつけようとする。
「でも…それじゃ、渋峠でサヨナラになっちゃいますよ?」
「いいんだ。今年の私の仕事はそこまでだから。ウチにはまだ珠理奈だっている。下りを牽くメンツは残ってるからね。悔しいけど、今年はそこまでだ。来年もっと鍛えて…絶対アンタをぶち抜いてみせるんだから…」
高柳は唇を噛みしめた。悔しさがにじんでくる。

怖いなぁ。みんなの私を見る目が違ってきてる…
でも、楽しいな。これがプロの世界なんだ。うん、これじゃなくちゃ。

一瞬高柳の方を見て笑った島田に隙が生まれた。
その瞬間だった、勾配の一番きつい部分とは思えない勢いで、数台のトレーンが島田と高柳の横を通り過ぎた。

グリーンのジャージの一団。K'sだ。
先頭を牽くのは前田敦子。大島も板野も峯岸も続く。その中には仲谷の姿があった。須田と仲谷の差は2分半。どこかでリスクを冒さなくては取り返せない差だ。

「玲奈さん!」
高柳が振り返って叫んだ。その叫びよりも前に玲奈の頭の中のコンピュータが高速で演算を開始していた。そのスーパーコンピュータにも匹敵する玲奈の思考回路が答えを出す前よりも早く須田が反応した。単独でスキルAのトレーンを追い始める。
「あかりん、ダメ。ここはガマンしなきゃ。相手はむしろ…」
しかし、須田にはその言葉は届かなかった。前田が牽くトレーンに食いついていく、あっという間に差が広がって行く。
「マズイ。ここであかりんを一人で行かせるわけには…くー、花音ついてきて!」
まだ山岳は残ってる。ここでアシストの脚を消耗させたくないが…仕方ない。とにかく須田の前に出なくては…玲奈は自分が先頭に立って須田を追いかけた。


志賀草津道路の最高点、渋峠まで2キロを切った。早くも総合争いの面々が揃ってバトルを開始した事で観客の熱狂は最高潮に達した。先頭を牽く前田は早くも鬼の形相だ。それに続いてるのが高柳。単独で飛び出してしまった須田を懸命に引っ張って食らいついている。島田も和スキルAのトレーンを引っ張りながら譲らない。

「スゴイね…スゴイ光景。」
渡辺が横に並んだ仲谷に声をかける。
「うん…みんな必死だ。でも…」
「そう。あそこまでチームの…いいえ、他人の為に死力を尽くせるものなの?」
「眩しいね。」
「うん。眩しい。でも…きっと、私たちはきっとあの人達に輝かしてもらってるだけなんだと思うな。なんとなくわかった。私はアシストはエースを活かす為に犠牲になるのが仕事なんだって思ってた。でも、そうじゃないよね。犠牲なんかじゃない。私たちは太陽が無ければ光る事すら出来ない惑星なんだ。アシストは私たちの影なんかじゃない。太陽だよ。」
渡辺の顔にこれまで浮かんだ事のない笑顔があった。最後の登り、心拍数はMAXに迫り息は途切れ途切れになっても、後から後から沸き起こってくる感情が抑えられない。

最初の超級山岳ポイントを取ったのは前田敦子。
小さく片手で拳を握り、その手を大島に向けた。大島がそっと拳を合わせる。仲谷がまっすぐ前を向いたまま前田を追い抜いて行く。その背中にそっと前田が手を当て軽く押した。

前田敦子のツール・ド・ジャパンが幕を静かに下ろした。

69. | Home | 67.

Comment

僕の思い違いだったらすみません。
>>ピンクのジャージの一団。スキルAだ。
あっちゃん、優子らが所属してるのってK’sですよね?

2012.02.08 (Wed) | 通りすがり #- | URL | Edit

>>通りすがりさん

ありがとうございます。
お恥ずかしい(^^ゞ ご指摘のとおりです…

訂正させて頂きました<(_ _)>

2012.02.08 (Wed) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。