スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーン19-3.

「え?古畑さん、お孫さんがいらっしゃったんですか?
確か、独身とお聞きしていたのですが…」
西園寺が古畑の顔を覗き込む。
「色々とあるんだよ。色々とね。彩音ちゃん、久しぶりだね。」
「お久しぶりです。その節はどーも。」
花崎がつんとした表情で横を向いた。

「え~…困りましたね。」
「あの…古畑さん。先ほどの話ですが…彩音が言った通り、スタジオのスタッフでもカメラマンさんでもどなたに確認して頂いても結構です。間違いなくその時間は…」
「そうでしょう。え~…本当に申し訳ございません。もうひとつだけ宜しいでしょうか?彩音ちゃん。これはあくまでも…ん~…聞く耳を持っていないようだ。」
古畑は西園寺に向かって肩をすくめてみせた。
こんな古畑を見るのは西園寺も初めての経験だ。

「お仕事の後、あっちゃん…前田敦子さんですね?
のお宅に泊めて頂くというのは、前から決めておられたんでしょうか?」
「…いいえ。仕事が長引いたので…自宅に帰ると朝起きれなくなってしまいそうだし、あっちゃんの家の方が近かったし、それにあっちゃん、お母さんと一緒に住んでるから起こしてもらえますし。」
「それで、急きょ夜分に泊めてもらう事を決めた…と。それは、良くある事なんですか?私なら、そんなに突然泊めてくれ…そう言われると困ってしまいます。」

「それは、おじいちゃんなら…でしょ?
篠田さんと前田さんは、そんな事でも気軽に頼みあえる仲なの。
おじいちゃんにはわからなくて当たり前。」

「え~…彩音ちゃん…余り私を困らせないでほしいな…」
「すいませんね。お節介で、余計な口出しばっかで。でも、誰に似たのかなぁ?」
花崎の言葉に古畑がたじたじになっている。
西園寺は思わず可笑しくなって小さい笑い声をたてた。

「え~…今日はこれで失礼します。篠田さん…また改めて…」
「もし来るなら、ちゃんと筋道たてた話をしてよね?篠田さん、忙しいんだから。」
「かしこまりました…」

古畑が去るのを見届けて花崎は大きなため息をついた。
「びっくりした。彩音のおじいちゃんんが刑事さんなんて。
でも…ちょっと冷たくない?困ってたよ?」

「いいんです…」
花崎が下を向いて言った。

「私…あの人、だいっ嫌いなんです。」

シーン20. | Home | シーン19-2.

Comment

まさか彩音ちゃんが古畑さんの孫とは想像がつきませんでした!
麻里ちゃんが捕まったら2人の関係はさらに悪くなってしまいそうですね(>_<)

話は変わりますが、新曲の参加メンバー発表されましたね。
SPGの一組目は完全に運営の推しメンですが(笑)、珠理奈と華怜ちゃんの共演が見れるのでわくわくしてます(^^)

2012.01.13 (Fri) | rina #- | URL | Edit

>>rinaさん

はい…そういうことでして(笑)
怒る人多いかなぁ…と思いつつ、そうしちゃいました。

SPGの位置づけがまだわかりませんが、これに漏れたメンって
どうなっちゃうんですかね?
萌乃が外れてるんで、多分今晩娘の機嫌が悪いだろうなぁ…と。

2012.01.13 (Fri) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。