スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1.レコード大賞



「第53回 日本レコード大賞は…AKB48、フライングゲット!」

「きゃーやったぁ!やったよ!」
「すごい~!ホントなのかなぁ?」
「夢みたいだよね。スゴイよね~」
「ね、ね、ぱるる泣いてるじゃん~。」
「もー、やだあ。こっちまで泣けてきちゃう。」

年内最後の劇場公演を終えたチーム4と研究生のメンバーは劇場控室のテレビに噛り付いて歓声を上げていた。昨年悔し涙を流したステージで歓喜の涙にくれる選抜メンバーの姿がとても眩かった。


でも…
私達はこの栄冠を果たして喜んでいいんだろうか?
名誉なことであるのは間違いない。たかみなさんがずっと言ってた。
今年こそは…あそこで認められて、初めて私達は一人前なんだって。

この1年、私達はがむしゃらに走ってきた。
そして、認められてきた…そう思ってる。
胸を張ってこの栄誉を受けるべきだ。卑屈になる事は何もない。

でも…
なんで私は泣けないんだろう?
なんでステージの上の選抜メンバーの姿を他人事みたいに感じるんだろう?
たかみなさんの…前田さんの…優子さんの…篠田さんの…
あの綺麗な涙…
私の頬に涙が流れないのはなんでなんだろう?

羨ましい…
自分達に与えられた栄誉…
違う。
何かが違う。


島田晴香はテレビの画面を身動きもせずに見ていた。
いや…睨みつけていた。

この感覚…
前に味わった事がある。
高校の時?
そうだ。あの時に味わった感覚と同じだ…

2.紅白直前① | Home | 新作のタイトル

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。