スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10


神奈川県藤沢市 聖ヴィーナス女学院グラウンド

「集合~っ…ってこんだけしかいないの?」
キャプテンの柏木由紀が笑う。
「いつもの事じゃないですか。ま、みんなサボってるわけじゃないですから。」
北原里英が言う。
「そうね。じゃ軽くアップいこっか。」
集まった5人が海岸線へと向かって走り出した。

聖ヴィーナスはそれほど陸上競技に力を入れている大学ではなかった。
選手たちも高校時代からそれほど有名な選手という訳ではなく、毎日の練習への参加も強制ではない。
それぞれ自分の計画や都合を優先させ自主性に任せるスタイルをとっていた。
そんな彼女たちが昨年の箱根で大躍進を果たしたのは、キャプテンでエースの柏木の力によるところが大きかった。

2区で区間新を叩きだした秋英大の前田敦子に3秒差まで迫る快走を見せた柏木に触発されるように各選手が力以上の成績を残し、総合5位に食い込んだのだ。その弾けるような躍進に「湘南のお転婆娘」というニックネームが与えられた。

6区の山下りで区間賞の渡辺麻友、その他、北原、増田有華、佐藤亜美菜といった実力者が昨年の経験を活かし更に上が期待されていたが、どうもキャプテンの柏木自身、周りの尻を叩いて盛り上げるのが得意なタイプではないらしい。

「予選会、サカジョが落ちちゃったらしいですよ。」
北原がジョグしながら話しかけてくる。
「みたいだね~。びっくりした。」
柏木が頷く。
「やっぱ、怖いですね。予選会って。」
「うん、だからシード取るって事がどんだけ大事かって事だよね。」
「今年、ウチはどうなんでしょ?」
「どうなんでしょ…って。自分たち次第じゃないの?解説みたく言わないでよ~」
柏木はちょっとだけ顔をしかめてみせた。

実は、柏木自身にはちょっとした野望と自信があった。
今年は昨年よりちょっと上…ひょっとしたら3位以内も狙えるかもしれない。
前田・大島に次ぐと言われる力をつけた。だから今年こそ、ちょっとしたムーブメントを起こしたい…
そんな事を密かに考えていた。それには…

よし、そろそろ作戦を練らなくちゃ。監督の浦野とじっくり話す時期だな…
柏木はワクワクしていた。去年までの自分にはなかった感情だ。

11 | Home | 9

Comment

各チーム、グループごとということに今さらながら気がつきました(笑)

各学校ごと個性的で対決が楽しみです

2011.12.05 (Mon) | レン #- | URL | Edit

新作は駅伝っすか~~これから先が楽しみです!

2011.12.05 (Mon) | アイヌラックル #- | URL | Edit

タイトルから

想像してはいましたが…

やはり選抜が登場しましたか(・ω・)


箱根にかける青春がどのように描かれるか、とても楽しみです(⌒〜⌒)♪

2011.12.05 (Mon) | knifeedge #- | URL | Edit

>>レンさん

そうなんです。
各チーム毎に戦わせてみようかな…と。

>>アイヌラックルさん

興味のない人にとってはどうかな…と思ったのですが
書いてみたいテーマだったので。
良かったらお付き合いくださいね。

>>knifeedgeさん

今のところ学連選抜が話の中心っぽく書いてます。
先に進むにつれ変わるかもしれませんが(笑)

2011.12.05 (Mon) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。