スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

18 麻里子と智美 2

中華街の一角、うらびれた雑居ビルの一室にその治療院はあった。
手書きで書かれた「RL治療院」の文字。中に入ると、薄暗い照明の中静かな音楽が流れていた。多分、一人じゃ絶対来ないな…智美はそう思った。

麻里子が手慣れた様子で受付で書類を書いている。
「ここ、保険きかないけど。いいよね?」
「あ、はい、大丈夫。」
「心配しないで。私も一緒だからね。」麻里子の笑顔は今日も輝いている。
ちょっと怪しい雰囲気を感じたけど、構わない。あんな笑顔が私も出来るようになるなら、催眠術でも何でもいい。
智美は案内された部屋で、一人掛けの豪華なリクライニングソファに身を委ねて目を閉じた。

「あなたは何に怯えているんですか…?大丈夫。何も答えなくていいですよ。
私が心の声に耳を傾けますから。大丈夫です…」
柔らかな男の声が聞こえてくる。

「そうですか。大丈夫です。ファンの方はみんなあなたの事が大好きですよ。
そして、あなたもファンの事が大好きです。
そう…どんな辛い事を言われても、酷い事を言われても、それはあなたを愛してるから…」

なんで?なんでこの人は、私が考えてる事がわかるの?
麻里子さまが言ってた通り、ひょっとして神様なの?

口元には高濃度の酸素が送られてるらしい。リラックス効果があるって聞いた。
確かに身体がすごく楽になってくる。なんか宙に浮かんでるような感覚だ。
段々、身体にも力がみなぎってくるように思えてきた。
頭の中がクリアになっていく。このまま走りだしたくなるくらいだ。

「さぁ、目を開けていいですよ。」
目の前に白装束の男の姿があった。
「はじめまして、遠藤憲一といいます。この治療院の院長をやっております。」

隣で麻里子が微笑んでいる。
ありがとう麻里子さま。
これで、私ももう一度笑えそう。

19 秋元先生 | Home | 17

Comment

遠藤憲一さんがゲストですか?

私も好きな俳優さんですね。治療院の店長とは想像にマッチしています。

いやぁさすが脳内再生で物語に引き込まれる。
四谷マジックの虜になっております。

2011.11.28 (Mon) | 杉上左京 #- | URL | Edit

>>杉上さん

遠藤憲一さんは、自分でもハマったかな?って思ってます。
私も好きなんですよね。あの独特の雰囲気。

2011.11.28 (Mon) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。