スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5 莉乃里英


「里英ちゃん。また落ち込んでるの?どうしたの。しっかりしなきゃ。」
莉乃が言う。仕方ないなぁ、もう…って表情で。

「だってさ…今日も私のせいで撮影長引いちゃって。優子ちゃんも由依ちゃんも呆れてちゃってたし…
ねぇ、さっしー…私もうダメだよ…」

里英の声は消え入ってしまいそうだった。

実際、Not yetの新曲のPV撮影は予定時刻を大幅に過ぎても終わらなかった。
分刻みのスケジュールに追われる優子も、可能な限り撮影を続けたが、彼女の高い理想は
どうしても里英のパフォーマンスに納得する事が出来なかった。
結局、日程を再調整する事で今日を終える事になったのだった。

「でもね、優子ちゃんも里英ちゃんだから厳しい事言うんだよ。ここで妥協しちゃったら、Not yetとして納得のいかないモノがあとに残っちゃうでしょ?だから、頑張ろうよ。」
指原は北原を力強く励ました。

「ねえ。なんで、さっしーはそんなに前向きになれるの?さっしーだって、辛いって思う事あるでしょ?ワタシなんてさ…」
里英はとうとう泣きだしてしまった。

「くよくよ落ち込んでる暇あったら、レッスンレッスン。優子ちゃんがちゃんとヒント出してくれたでしょ?
考えて踊るんじゃない、感じるままに踊るんだって。」
莉乃が里英の手を引いて立ちあがる。

さっしー…いつからこんなにポジティヴになったんだろう…
環境は人を変えるのかなぁ?
私は…全然変わらないや。環境だったら、私の周りも変わったのに。
私には何が足りないんだろ?

あ、ダメダメ。また後ろ向きな考えしてる。
さっしーの前向きさを見習わないと…

6 | Home | 4

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。