スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

113.

5年後…


「絶好のコンディションだね。」
「ってことは、言い訳はきかないって事だよ?」
「わかってる。ね?それよりさ、大丈夫?もたもたしてたら逆に私が前走るからね?」
「わかってるって。」

スタートまであと10分を切った。
心拍数を何度か上げた。アップは十分だ。
はやる気持ちをおさえようと、小嶋真子はそっと目を閉じた。

東京オリンピックの女子マラソンの枠は3つ。
すでに、先に行われた2つの選考レースで、前回のリオオリンピックの金メダリスト・前田敦子と、去年の世界陸上で初めての金メダルを獲得した指原莉乃が好記録で優勝している。新設の、この横浜マラソンは「世界記録を出すために」作られたコースと言われている。快晴、微風。適度な気温と湿度。残り一つの椅子を勝ち取るには、優勝するだけではダメだ。先の二人を大きく引き離す記録が必要になる。

「さあ、そろそろ並ぼうか。」
「うん。奈々…頼むね。」
岡田奈々のゼッケンは51番。招待選手は全員1~30までの番号を持っている。
一般参加の選手は3ケタの数字だ。
岡田のゼッケンは、ペースメーカーであることを意味している。
30km地点まで世界記録を上回るペースでレースを引っ張ること。
それが、このレースで岡田に与えられたミッションだ。

「あのさ…真子、実はね。」
「わかってるよ。奈々。」
「え?」
「ゴールで未姫が待ってるって。なっきーもぴかも。美月もいるってよ。」
「そっか。じゃあ、勝負だね…」
「っていうか、どっちが先に42.195km先で待ってるあの子たちに襷を渡すかって話だよ。」

「真子?オリンピックは?」
「そうだね…それも悪い話じゃないよね。」

二人が軽く拳を突き合せる。
冬の空気の中、乾いた号砲が響いた。





襷の色は違っても


おわり

あとがき | Home | 112.

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014.12.04 (Thu) | # | | Edit

完結おめでとうございます。
お疲れさまでした。
コメントは最後のみとなってしまいましたがずっと読ませていただいていました。四谷さんのこれまでの話、特にスポーツものは本当に大好きで、更新されるのが本当に楽しみでした。

最後は堂場瞬一さんの「ヒート」を彷彿とさせますね。このあとの2人の走りへの想像も膨らみます。

次回作も応援します。
長文失礼しました。

2014.12.05 (Fri) | レン #- | URL | Edit

完結お疲れ様でした
最初から最後まで素晴らしい物語で楽しんで読めました!

次回作も楽しみに待ってます

2014.12.05 (Fri) | shin #- | URL | Edit

No title

>>鍵コメさん

ありがとうございました!

>>レンさん

ありがとうございます!
最後のシーン、まさに「ヒート」からパクってwます。もともと「襷」も堂場さんの「チーム」からパクってますしねw
ご愛読、そしてコメント、本当にありがとうございます。


>>shinさん

ありがとうございます!
コメント、本当に嬉しいです。

2014.12.05 (Fri) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

遅いですが、面白く見させて頂きました
自分的に来年のことがいろいろ妄想できる終わり方がよかったです!

2014.12.20 (Sat) | じんるい #- | URL | Edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2015.06.24 (Wed) | # | | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。