スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

109.

陸上競技というのは実にわかりやすい。
1秒でも…いや、コンマ何秒…例えそれが1/1000秒であったとしても、先にフィニッシュラインを超えた者の勝ちだ。
単純で明確で、そしてそこには何も余計なモノなど挟み込む余地などない。
どれだけ苦労の末にたどり着こうが、その背景にどんなドラマがあろうが…

勝者は勝者。
敗者は敗者。

敗者の無念や悔恨…いろんな者を受けるからこそ、勝者は輝くのだ。


しかし、敗者にも称えられるべき敗者が間違いなく存在する。
敗者に送られる賞賛は、勝者の価値を高める事にもなる。


目前で聖ヴィーナスの大島涼花が歓喜のフィニッシュラインを超えた瞬間、四ッ谷大の高島祐利奈は肩からかかってる襷をぐっと握りしめた。
こみあげてくるのは、悔しさだった。
自分にとってのラストラン。仲間が最高の晴れ舞台を用意してくれた。チームにとっても悲願の総合優勝。それを託された事を心から誇りに思った。
しかし、及ばなかった。


みんなが待ってる。
私は、あそこに並んでる仲間に恥ずかしくない走りが出来たんだろうか?
みんな、泣いてるじゃないか。
その涙…きっと悔し涙だね。
未姫、やめなって。泣きながら笑ってんだか、笑いながら泣いてんだかわからない顔は。奈々は…絶対にこんな時泣かないね。でも、わかる。奈々が泣きたいのを我慢してる時の顔。
茂木…彩希…アンタ達の分まで必死に走ったつもりだったんだけど。

高島は、ぐっと空を大きく見上げた。
涙がこぼれるのを我慢しているように見えた。

しかし、次の瞬間、高島は満面の笑みを浮かべた。
輝くような笑顔だ。
そして、もう一度ぐっと襷を握った。

私は、謝らないよ。
全部出したから。確かに私は負けた。
でも、謝ったりしたらここまで全力で走ってきたみんなにも…そして、何より自分に対して失礼だ。私は、全てを出し尽くしたじゃないか。だったら、堂々と胸を張ろう。そして、この悔しさを仲間に託そう。自らが襷を繋ぐ事はもうなくても…きっと、想いは繋がっていくはずだ。


「高島ぁ!ラストだ!」
「ゆーりん!」
ひときわ大きな茂木忍と村山彩希の声が聞こえてきた。

そうだ。まだ終わってない。
あのテープを切るまでは…
最後の最後まで、何も残さないでこのレースを終えなくちゃ。

ふぅっ全身が軽くなった気がした。
白いテープがお腹の辺りに巻き付いてきた記憶がある。
そのあとの記憶がはっきりしない。

さすがに胴上げはされなかったけど、みんなに頭を叩かれた覚えがある。
かなり強く叩かれていたのに、全然痛くなかった。
でも、夢の中じゃなかった。
みんなの、泣き笑いの顔はしっかり覚えていたから。



110. | Home | 108.

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。