スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

48.

4区は18.5km。10区間で最も短い距離だ。
その為に各校が「スピードランナー」を揃える区間と言われている。
確かに高校時代は1500や3000障害を走っていたという経歴の選手も多くエントリーされている。
しかし、短いといっても18キロ以上の距離はやはり学生にとっては「長距離」だ。
箱根に出る選手は比較的積極的にハーフマラソンの大会に出る事が多いが、主戦場はトラックの10000mだ。
18.5キロという距離は決して楽なものではない。

ましてや、今年はいつもの箱根とは様相が違う。
20℃を超える気温。風速15メートルを超す南風。気象庁は史上2番目に早い「春一番」が吹いたと発表した。
降り積もった雪がドラマを生んだ年はあっても、この春の陽気の中での大会は過去例がない。

4区はほぼ全区間、その向かい風に逆らうように走る事になる。
求められるのは「スピード」ではない。「耐久力」だと言っても良かった。

先頭で襷を受けた市野成美は、序盤から飛ばした。
江籠が先頭で来る。市野はスタート直前、監督車の玲奈から電話で指示を受けていた。
大磯を過ぎたら、全力で飛ばせ。いつもの4区と同じと思って構わない…と。

この風の中を?
いつもの4区と同じ?
いや…玲奈さん、鬼でしょ…。
そりゃ、負けん気で走らないといけないのはわかる。
いっつも言われてる。なるのイイ所は負けん気が強いトコだって。
無鉄砲なトコだって。
でもさあ、いくらバカななるでもわかるよ。
こんな強い風の中、いつもみたいに走ったら、それこそ風に負けちゃうよ…
でも…今まで、玲奈さんは間違った事を言ったことなんてなかった。
いつも、私に目をかけてくれた。もともと、こんな風に箱根で走れるようなレベルのランナーじゃなかったんだ。
でも…私を信じなさい。そう言ってくれる玲奈さんの目は優しかった。
みんな、鬼って言ってるけど…そりゃ、私も時々っていうかしょうちゅう思うけど…
私は玲奈さんを信じてる。

大磯でコースはそれまでの海岸沿いの道から、一本山側に入った国道1号線、東海度に入る。
大磯から二宮にかけては、旧街道の趣を残す情緒ある道への趣を変える。

と、その時、市野はそれまで叩きつけるように吹いていた風が、ぴたりと止まるのを感じだ。
風がやんだ?
市野はやや上空を見上げた。街道の松並木の枝が激しく揺れている。
沿道で打ち振られている小旗も、各大学を応援する幟も激しく風になびいている。

そうか…そういう事か。
市野はにっこりと笑った。一気にペースを上げる。

海岸線を走る国道134号線は、藤沢から先、ずっと整備されたバイパスのような2車線の広い道路だ。
ひたすら直線が続き、前方を遮るものが何もない。
完全に道路が閉鎖されているため、先頭を走る大きな中継車は道路のセンターライン寄りを走る。
選手との距離も比較的取っている。

ところが、大磯から先の国道1号線は、片側1車線の狭い道路だ。
細かく右へ左へとカーブも続いている。
対向車線は規制されていないため、どうしても中継車は選手と重なるようにして走る事になる。
しかも、単独でトップを走ってる場合、後方は第2中継車が間に入るため、選手のアップを狙おうと、選手との距離がやや近くなる。
トップを走る選手は中継車を風除けにして走れるのだ。

この4区には、四ツ谷大の西野未姫というめっぽうこの距離に強い選手をエントリーしてきている。
10000の公式記録では、市野は西野より2分以上遅い。単純な単独走どうしだったら、この区間栄京がリードを保つ事は難しかったかもしれない。

玲奈はこの事を知っていたのだ。
玲奈の乗る監督車には、様々な情報が入ってくる。
どの位置で車を走らせるのか、乗っている監督の学校の順位は何位か、どこで誰と誰を乗せかえるのか…
その判断をしなくてはならない。同時に車両管理のための情報も入る。安全のためだ。
当然、中継車がどこの位置に入るのか…もだ。

第2中継車は、大磯の手前で前に上がった。1位と2位の間…2位を走る博多大の秋吉優花の前につけた。
秋吉のペースが上がっていない。1位と2位の間はますます広がる…後続には強い選手が顔をそろえている。
道幅の狭い国道1号線では、そうそう大きな中継車の入れ替えは難しい。
恐らくは第2集団となるであろう、2位争いをカメラに収めようという算段なのだろう。

最も警すべき四ツ谷大の西野は、暫くの間風よけに出来るものがない。
国道1号線に入っても、前に中継車がいなければ134号を走ってる時と対して条件は変わらない。

天が味方した?
そうかもしれない。しかし、そこにはしたたかな玲奈の戦略があった。


今日の更新 | Home | 47.

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。