スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

「いいかい?玲奈さん。大人と子供とは話がちょっと違うんだ。考えてもごらん?身体の大きさが違えば、臓器の大きさも違う。今回のドナーはもちろん大人の方だ。小柄な体系ではあるが、そのまま、まなつちゃんの小さな身体に収めるには、とても難しい手術が必要になるんだ。でも、玲奈さん。君なら違う。体系的にも適合性的にも、きわめてリスクの低い移植が行えるんだ。」

俺は、玲奈の申し出に驚きを隠せなかった。
いや、驚きというよりも呆れた…といった方が正解かもしれない。
怒りの感情に近いとも言えるだろう。

自分の手術を後回しにして、他の患者を救ってほしい?
やすっぽいドラマでも、そんな事を言うヒロインなんているはずがない。
どだい、人間は愚かで身勝手だ。ましてや、自らの命がかかっている時に、そんな慈悲の心なんて持ち合わせていられるわけなど決してないのだ。

「そうですか…ごめんなさい。私みたいな何もわからない素人が…失礼な事を言ってしまいました…」
玲奈がそっと目を伏せた。

この子は…

どうやら、本心で真夏を救いたいと思っているようだ。
きゅっと結ばれた口元がそう言っている。
ハンカチを握り締め、小刻みに震える手がその気持ちを語っている。

俺は、そっと玲奈の肩に手を置いた。
一瞬玲奈が身体をびくっとさせ、顔を上げ俺を見る。
大きな瞳が潤んでいる。

堪らない…
今すぐにでも、その華奢な身体を折れるほど抱きしめたい。
意思の強そうな唇にむしゃぶりつきたい。
全身を激しく突き上げたい。
苦痛に歪む顔が、やがて快楽と享悦の表情に変わっていく。
痛みを絶える声が、エクスタシーを恥じる声に変わり、そしてエクスタシーに我を忘れていく…

俺は、白衣の舌で下半身を硬くして、その時の事を思った。

しかし、強烈な意思の力でその思いを沈める。
美味しいものは、あとに取っておくタイプだからな。俺は。


「玲奈さん…君の気持ちはよくわかった。わかった。今回のドナーの心臓は、真夏ちゃんに移植する事にしよう。」
俺は、玲奈の両肩に手を置き、そう言った。
「本当ですか?手術…できるんですか?」
「難しい手術になるだろう。しかし…全力を尽くすよ。真夏ちゃんのために。そして…君のために。」
「私のため?」

玲奈の頬に、一筋の涙が零れた。
俺は、そっと指先でその涙を拭う。

よし…シナリオ変更だ。
予定とは違うが、確かにこっちのほうがドラマチックだ。
早速、司馬に次の指示を出しておかなくては。
進藤の力も必要になるかもしれない。

「ああ。そうだよ。真夏ちゃんが救われれば君も嬉しいよね?そして、それは僕のためでもある。」
「先生…」
「君の笑顔が見れるなら…僕は、僕の持てる全てを出し尽くす事ができそうだ。」

俺は玲奈の頭に手をやって、そっと自分の胸元に引き寄せた。
そのまま抵抗することなく、玲奈は俺に身体を預けてくる。

まだだ…
まだ、今日はここまでだ。

最高の獲物は、最高に熟成させて、最高の状態で味わうのだ。


今は、まだ早い。





---------------------------------------------------

病院の手術室にはナンバーが採番されている。
俺がメインで使う手術室は第一手術室だ。


この後すぐ、第一手術室では、万全の人員と設備環境の整った中でのオペが行われる事になる。
すでに、クランケは全身麻酔を施されて、室内へと入っている頃だろう。
ベテランの麻酔医によって、全身管理が行われ、7名の看護師もスタンバイしている。
それぞれ、機械出しや計器チェック、補助等のエキスパートばかりだ。

しかし、今日のオペはまず「ゼロ番」と呼ばれる手術室で始まった。
助手には司馬。
看護師と麻酔医。
必要最小限にも満たない人員だ。

ゼロ番で手術が行われる時は、いつもこの形だ。
もちろん、それにはちゃんと理由がある。



「では、始めるぞ。」

手術台の上にいる男は、今回の「ターゲット」だ。
もはや、この男は「人」ではない。

生きるべき価値のある人間に、その命を維持する為に必要な臓器を提供するためだけにここにいる「モノ」だ。

俺は、胸部から下腹部にかけ、メスを走らせた。
迷いの無い、鋭いメスだ。

手際よく、一切の躊躇を挟むことなく、ひとつひとつの臓器を切り離していく。

そのタイミングで、この手術台の上の男の命が失われたかになど興味はない。
もともと、生きている価値すらない男なのだから。


最後に心臓を取り出す。
俺は、その瞬間も一切の感情を乱すことなどない。

罪悪感?
そんなもの、とうに俺の中からは消えてしまっている。


DDエトー | Home | 23

Comment

No title

四谷さんおひさです。アイヌラックルです。
実は私事ですが今日SKEの握手会に初参加してきました。四谷さんの仰る通りあかりんの握手恐るべしでした。(あかりん推しになってから約2年越しの夢が叶いました)(^_^)v

2013.12.23 (Mon) | アイヌラックル #- | URL | Edit

No title

>>アイヌラックルさん

お~そういえば今日岡山で全握でしたよね。
良かったです~(*^_^*)

2013.12.23 (Mon) | 四谷 #mQop/nM. | URL | Edit

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。