スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1

ナゴヤドームは、大歓声に包まれていた。
モニターに映し出された、ビッグサプライズ。

満員の観衆もそのサプライズに酔いしれていた。
ステージの上から見ても、泣き崩れているファンの姿を確認する事が出来る。

自分もそうだ。
立っていられなかった。
背中を須田亜香里がさすってくれている事は気付いていた。

胸が締め付けられるように苦しい。
今までも、こうやって感涙にむせぶ事は何度もあった。

しかし…

今回は、ずるい。

神戸と横浜だけでも、十分嬉しい報告だった。
念願の単独ツアー。
ツアーと言える程のものではないのかもしれない。
それでも、自分たちのステージを紡ぐ喜びは、存分に味わえるものだ。

でも、同時に物足りなさを感じた。

やれる…かもしれない。
自分たちだけでも。
自惚れなんかじゃない。
この「憧れの地」はもうただの憧れなんかじゃない。

目指すべき「目標」なんだ。
アンコールの時に起こったSKE48コールは、私達にそれだけの勇気を与えてくれた。

そう思った瞬間の「ふいうち」だった。

ナゴヤドーム単独公演。

立たなきゃ。
こんな所で、座り込んで信じられないって顔なんかしてらんない。




松井玲奈は、大観衆の歓声に応えマイクを握った。
隣には、珠理奈がいる。
大矢が…中西が…


夢は必ずかなう。


そう信じる者だけが、夢をかなえる事が出来る。


2 | Home | えへへへ

Comment

Post comment

Secret

Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。